タミヤ 三号戦車L型 組立と塗装

夏休みだがお天気が良くない。そんな時はプラモデルに限る!

タミヤの三号戦車L型を作ることにした。

タミヤの説明書を読んでいると、塗装は全部組み立ててからやるように指示されている。これまではスプレーで全部塗ってしまって組み立ててたんだが、確かにゲート処理した部分とか塗りなおさなきゃいけないし、二度手間である。今回は組み立ててから塗ってみよう。

とは言ったものの、転輪が含まれるランナーAの部品だけはスプレーで塗った。組み立ててから転輪のゴム部分を上手に塗れる気がしない。迷彩塗装は10年早いのでジャーマングレイ単色で仕上げる。三号戦車L型は1942年から1943年にかけて生産されていたのでジャーマングレイでも迷彩でもいいのだ。お手元の資料が役に立ったぜ。

塗料が塗られてない分、接着剤が使いやすく組み立てて気持ちいい。あとは組み立ててからどれだけ綺麗に塗れるかだが。

履帯にドライブラシをしたところ。履帯のドライブラシは簡単なので好きだ。車体にドライブラシするのはまだ上手にできない。

本体をジャーマングレイで塗った。アクセサリーパーツなんかは結局バラバラに塗ってから車体にのっけることにした。確かに組み立てやすかったし、使った塗料の量もランナーに付いたままの部品を全部塗るより少なく済んだ。初めての組み方なので段取りが悪い時もあったが慣れたらこっちの方がいいかな。

あとはデカール貼って、トップコートかけて、フィギュア塗って、ウェザリングして完成だ。あ、履帯つけてあげないと。

 

失敗が2点あったのでメモ。

・雨の日にラッカースプレーで塗装してはいけない。気化が遅くなるので白化する。調べたら雨の日というか湿度の高い日がダメで、気温が低すぎる日も良くないらしい。多分、つや消しトップコートも同じことになるだろう。

・今まで全部の部品にタミヤのラッカー塗料を塗ってたから気がつかなかったが、サーフェイサーを吹いておかないとタミヤの水性アクリル塗料がはじかれる。これからはちゃんとサーフェイサーを吹きましょう。逆に言えばラッカー塗料を塗っておけばサーフェイサー無しでもいけるということだな。ふむ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *