達人キャッチターゲット

今日から冬休みである。有意義に過ごしましょう。

まずは、ある程度は完成していたものの、まだ仕上がっていなかったエアガン用のターゲットを完成させよう。

名付けて「達人キャッチターゲット」である。

前から
後ろから

達人君という金属製の人型ターゲットにプロキャッチターゲットの粘着シートを切って貼ったものである。

達人君が倒れると背後のスイッチを押し、3個全部が倒れるとサーボモーターが動いて起き上がってくる仕組みになっている。

達人君は金属製なのでBB弾が当たると跳ね返ってBB弾が散らかってしまうが、粘着シートでBB弾を捕まえて跳ね返りを防いでいる。

試しに撃ってみたが、やはり達人君を起こしに行かなくていいのは楽だし、BB弾も散らばらない。お座敷シューターには最高である。

これで冬休み中の充実したガンライフは約束されたようなものだ。

タナカワークス Kar 98k Airの集弾率

昨日も東京マルイのプロキャッチターゲットを黙々と撃っていたが、真ん中の直径15mmの赤いところに結構当たる。

そこで、前回の記事でタナカ Kar 98kの集弾率を計測したが、もう少し真面目にやってみようと思った。

条件は前回と同じ、室内9mでBB弾はG&G 0.28gのプラスチック弾。

狙いやすいように的の中心にマスキングテープで印を付けて再度挑戦だ。

左が立射5発で、右が脚立に肘を乗せた委託射撃5発の結果。

立射では1発ブレてしまったが、それ以外はいい感じである。

委託射撃では穴の端から端まで18mmだった。固定したらもっと纏まるのかな。

委託しないでこれぐらい上手に撃てるようになりたいなぁ。これぐらい狙えたら楽しいなぁ。

撃ってみた感想としてはマスキングテープの印があるだけで凄く狙いやすいと思った。今度からこうしよう。

今回の実験を踏まえて改めて考えて見ると、タナカワークス Kar 98k Airは本当に買って良かったということで今回も実験結果は「勝ち」である。爆

弾の乱れは心の乱れ

「心が乱れていると弾はまっすぐ飛びませんよ」という意味である。

どれぐらいまっすぐ飛ばないのか実験してみた。

 

***** 実験環境 *****

エアガン:タナカ Kar 98k

BB弾:G&G 0.28g

距離:9m 室内

心理状態: KSC M4A1が壊れている

左が立射で5発撃ったもの。右が脚立に肘を乗せて5発撃ったもの。

左側の立射の結果を見るとやはり心が乱れているようである。

それはさておき、右側の委託射撃の結果を見るとタナカ Kar 98kの集弾性の良さが見てとれる。直径30mm以内に収まるほどだ。

M4A1は故障中だがKar98は買って良かったということで、実験結果は「勝ち」である。謎

 

 

タナカワークス Kar98k Air

12月に入ってからというもの、クリスマスに浮かれた連中が騒がしい。

デートがどうしたのプレゼントがこうしたのだのと、不毛なことに頭を悩ませている。可哀想に本当のクリスマスを知らないんだろう。神に祈りを捧げる本来の行事に戻るべきなのである。

そんな12月に我が家に届いたのがこちらである。

この年末にタナカワークスが再販したMouser Kar 98kだ。

うおおおおおお!素晴らしい出来栄えである。

これが本当のクリスマスだ!これで俺も戦場に祈りを捧げる死の司祭だ!

刻印の文字ひとつひとつから執念を感じる。素晴らしい。

木製のストックは非常に手触りがいい。後端は金属となっており、頑丈である。連行ごっこがはかどるのはいうまでもない。

ふう、すっきりした。

KSC M4A1 Ver.2

ハンドガンで欲しいものは手にいれた。そうしたら次に小銃が欲しくなるのは当然の流れである。謎

タナカワークスから出ているKar98と悩んだが、結局KSCのM4A1にした。やっぱりリコイルがあると楽しいのです。それにアジア人の体格にはカービンぐらいが丁度いいだろう。

色々とバリエーションがあったが、ここはひとつシンプルなM4A1を試してみたい。デフォルトを知ることはいつでも大事なことだ。

うおおおお!

この質感、重量感!本物みたいだ!

エアガンのハンドガンは携帯性と秘匿性が高いので金属部品の使用は銃刀法で厳しく制限されているのに対し、ライフルは秘匿性が低いので金属部品の使用に関しては緩めだそうだ。これはエアガンを趣味とするのであればハンドガンよりライフルの方が楽しいかも。まあ、ハンドガンはサブウェポンだしな!

ライフルを手に入れたからにはこいつに女の名前をつけないとな。浮気は許されない。そして寝る前にRifleman’s Creedを唱える義務がある。たまらん。

KSC Beretta M9

自分でも誕生日プレゼントを買ってみた。謎

実はP38以外にも欲しい銃があったのだ。Beretta M92Fだ。これは女神転生とかバイオハザードとかで初期に手に入る銃だったりして馴染みがあった。前回のP38の完成度から最近のエアガンはすごいということがわかったので、是非Beretta M92Fも1/1スケールモデルとして手元に欲しかった。どうやらKSCのM9が理想に近そうだ。これにしよう。

実銃用のグリップを付けてあげるとより格好良くなるそうなのでグリップも一緒に買いましょう。そうしましょう。どうせなら木製にしましょう。お値段は無視しましょう。お誕生日ですし。

うおおおお!これはいい!

かなりきっちり作られているので作動部をシリコンオイルスプレーでなじませてやりましょう。きっと使っていくうちにいい感じになるでしょう。

うーむ。P38といいM9といい、本物みたいだな。しかも発射するのはBB弾だから目だけ保護すれば体に当たっても痛いだけで済むじゃないか。実銃だと死ぬからな。これは楽しいぞ。

P38は貰いもんだし、繊細そうなので鑑賞メインにしよう。M9は自分で買ったものだし、こっちは遊ぶ用にしよう。

 

MARUZEN Walther P38

弟から誕生日プレゼントとしてマルゼンのWalther P38をもらった。

これまでプラモデルで作っていたドイツの歩兵たちが持ってたやつだ。

このマルゼンというメーカーは実際に独ワルサー社からP38の図面の提供を受けて製作しているらしく、リアルさに定評があるらしい。これは期待!

うおおお、素晴らしい!

エアガンなんて25年ぶりに触るが手に持った感触と重量感が本物みたいだ。これは1/1スケールモデルといってもいいだろう。鑑賞していても楽しいし、実際に手にとって連行ごっこをやっても楽しい。

これはガスガンなのでガスとBB弾を購入して撃ってみる。

うおおおお!これだけリアルでさらに撃てるなんて!これは楽しい。特にトリガーを引いた感触なんて本物みたいだ。本物は触ったことないけど本物みたいだ!謎

これは新しい趣味を見つけてしまったかもしれない。